2014/9/9

ぐるっとまるごと満喫しよう!
ぐるっとまるごと満喫しよう!

ぐるっとまるごと満喫しよう!

ガーデンふ頭臨港緑園

名古屋港の表玄関のガーデンふ頭にあり、名古屋港水族館をはじめ、名古屋港ポートビル、南極観測船ふじ、水族館南側緑地等の諸施設が、緑園と一体的に整備された親水空間(面積:約14万9,000平方メートル)です。
 

旧食糧庁サイロ
水族館南側緑地には旧食糧庁サイロをシンボル的モニュメントとしたステージとなっています。食糧庁サイロは1994年3月、39年間に及ぶ役割を終えて閉所しました。市民から“港の貴公子”と呼ばれたサイロの保存を願う声が高まり、安全を考慮してサイロの高さを低くしてその姿を残すこととなりました。 このステージの南側には、名港トリトンを望む芝生広場があります。
 

旧食糧庁サイロ
旧食糧庁サイロ

ポータンのモニュメント
同じ敷地内には、名古屋港開港100周年(1907年開港)を記念したポータンのモニュメントがあります。設置した際この下に、願いを込めたタイムカプセルを埋めました。開封されるのは、30年後の2037年です。

ポータンのモニュメント
ポータンのモニュメント

オススメ周辺情報

港をクルージング
港をクルージング

優雅にクルージング
ガーデンふ頭と金城ふ頭を結ぶ水上バスが運行しています。名古屋港水族館とリニア鉄道館の両方に行きたいときに、とても便利です。片道25分ほどのクルージングをのんびりと楽しめます。

ガーデンふ頭のモアイ像
ガーデンふ頭のモアイ像

ちょっと不思議なモアイ像
日本の反対側にあるチリとの親善と友好を記念して、名古屋市民が造ったモアイ像が設置されています。
また、近くにはアンデルセンの童話「人魚姫」をもとに製作されたブロンズ像もあります。

噴水と広場
噴水と広場

晴れた日には、外でひとやすみ
緑園中の木々の下で、休憩やお昼ごはんをお楽しみいただけます。お弁当はもちろん、JETTYでテイクアウトしてもOK。芝生広場や遊具もあるので、お子様もおもいっきり遊ぶことができます。

客船や帆船を間近で見られる

入港した船を間近で見ることができるのも、ガーデンふ頭の魅力のひとつです。入港予定情報は、名古屋港ホームページ「客船ガイド」をご確認ください。

客船「飛鳥Ⅱ」
客船「飛鳥Ⅱ」
帆船「海王丸」
帆船「海王丸」

ガーデン事務室

名古屋港ポートビル3階 
ガーデン事務室 
TEL:052-652-7151  FAX:052-653-8646

ホームへ先頭へ前へ戻る