2014/11/27

その他のイベント

 

陸前高田市復興支援交流イベント「築港祭」(4月)

陸前高田市からの招待演奏も
陸前高田市からの招待演奏も

地元で育った青年有志の「名古屋港をもっと活気あふれる街にしたい」という想いから企画された「地元発手作り地域活性化イベント築港祭」。第一回開催を前に起きた東日本大震災を受け、復興支援チャリティーも目的として追加されました。
名古屋で活躍するアーティストの無料ライブを中心に、飲食ブースや手作り品でのフリーマーケットも開催。入場は無料で企業への寄付依頼や義援金箱の設置を行い、経費を除いた全額を陸前高田市へ寄付しています。

 

よさこい夢まつり(5月)

この祭りのスタイルは、本場高知の「流し踊り」。スタートからゴールまで、途切れることなく元気いっぱいに踊り続ける踊り子たちの姿から、元気と笑顔をたくさんもらえます。
よさこい夢まつりでは、踊り子はもちろん観客やスタッフなど、その場にいる全員が主役! 手拍子やかけ声拍子で会場が一体になります。「総踊り」と呼ばれる誰でも参加できる踊りもあるので、体がうずうずしてきたら、ぜひ一緒に踊りましょう!

踊り子の笑顔にも注目
踊り子の笑顔にも注目

 

あいち沖縄会「毛遊び」沖縄人会(10月)

エイサーで会場を盛り上げる
エイサーで会場を盛り上げる

「沖縄の食文化、琉球芸能、沖縄のチムグクル(真心)、平和の心」の発信を目的に開催。毛遊びは「もうあしび」と読み、毛は野原、遊びは歌と踊りのことで、野原で三線片手に歌い、踊り、泡盛を飲みながら語り合うという沖縄の文化です。
民謡やエイサー、沖縄屋台、物産品、体験コーナーなど、さまざまな催し物が用意され、来場者のみなさんには沖縄文化を存分に楽しんでいただけます。伝統的な踊りカチャーシーも披露されるので、ぜひ一緒に踊っちゃいましょう。

JC青年の船「とうかい号」(6月)

公益社団法人 日本青年会議所 東海地区協議会が主催する、20〜40歳までの青年を対象とした「とうかい号」の船旅。約600名が船に乗り込み、名古屋港から目的地までの約1週間に渡りさまざまな研修活動と国際交流が行われます。
乗船者の仲間や家族など、たくさんの方が見送りに駆けつける出港式と帰港式。色とりどりのテープや旗、そして拍手や仲間の声で華やかな賑わいとなります。船旅から帰ってくると、一回り大きくなっているのでしょうね。

過去に開催したイベント

「ポートビル タイムトラベラーズ」
〜発見!過去・現在・未来のたからを探せ!!〜

名古屋港ポートビル30周年記念特別展を開催しました。
名古屋港ポートビルは、港の役割や社会との関わりを紹介する施設として、1984年(昭和59年)7月に開館。2014年で開館30年を迎えるにあたり、この特別展では博物館の収蔵資料を中心に「名古屋港ポートビルの過去・現在・未来」を紹介する展示を行いました。

ポートビル タイムトラベラーズ
ポートビル タイムトラベラーズ

ホームへ先頭へ前へ戻る