2014/10/10

3F「03甲板」

最上階にあるブリッジ(操舵室)は、船を動かす司令塔です。
ここに立ち南極大陸を目指して氷海を進んだ船長、観測隊長たちの苦労がしのばれます。

3F「03甲板」
3F「03甲板」

物資輸送に活躍したヘリコプター

物資輸送に活躍したヘリコプター
物資輸送に活躍したヘリコプター

ふじには輸送用や氷の状態などを偵察するヘリコプター3機が載せられており、飛行甲板では1機ずつ発着できるようになっています。ふじが航海中は、毎朝甲板で朝礼や総員体操などが行われていました。このヘリコプターは、1965年(昭和40年)の第7次隊から15次隊までの9回にわたってふじに載せられ、主に昭和基地へ資機材約2,000tを空輸するなど活躍をしました。

操船に必要な計器が備えられたブリッジ

操船に必要な計器が備えられたブリッジ
操船に必要な計器が備えられたブリッジ

ブリッジは船の中枢部で、船を操縦したり、船内各所に指令を出したりするところです。操舵装置を始め、レーダー、監視用テレビなどいろいろな装置類がたくさんあります。周囲の窓ガラスは凍結防止の熱電式ガラスになっています。

ホームへ先頭へ前へ戻る