2014/10/10

名古屋港水族館振興基金

目的について

水族の円滑な確保、展示効果の向上等、水族館の振興に役立てるための基金です。

名古屋港水族館は平成24年10月、開館20周年を迎えました。
この間に、多くのご来場者に、満足していただける展示を目指してまいりました。 また、水族館では困難とされてきたウミガメ類、極地ペンギン、ベルーガ、ナンキョクオキアミの繁殖に成功しています。
16回の繁殖賞(平成26年現在)、そして国内の動物園水族館に与えられる最高の栄誉の古賀賞も2回受賞いたしました。

今後も以下の活動を行っていく上で、皆様の一層のご協力が必要です。
希少水族の飼育繁殖保護
新展示生物の入手
利用者の要望を取り入れた施設、および自然の生息環境を再現した新施設の整備
既存施設のよりよい改修、修繕
展示関連生物の調査および研究

いただいたご寄附は基金に積み立てられ、
水族館振興事業に役立てられます

ペンギンの繁殖を考慮して、改修されたペンギン水槽
ペンギンの繁殖を考慮して、改修されたペンギン水槽
順調に繁殖を継続しているペンギン
順調に繁殖を継続しているペンギン
ベルーガの妊娠・出産
ベルーガの妊娠・出産
順調に成長するベルーガ「ナナ」親子
順調に成長するベルーガ「ナナ」親子
送信器をつけたアカウミガメ
送信器をつけたアカウミガメ
アカウミガメの太平洋回遊経路解明調査
アカウミガメの太平洋回遊経路解明調査
整備により展示内容が更新された「深海ギャラリー」
整備により展示内容が更新された「深海ギャラリー」
イベント・特別展会場として整備された「海のギャラリー」
イベント・特別展会場として整備された「海のギャラリー」
水族館の展示を一層充実するための新展示生物の入手
水族館の展示を一層充実するための新展示生物の入手

ホームへ先頭へ前へ戻る