2018/6/7

名古屋海洋博物館 特別展「遥かなる海を越えて~帆船時代の大冒険~」

2018.6.12.

名古屋海洋博物館では、特別展「遥かなる海を越えて~帆船時代の大冒険~」を下記のとおり開催します。
当館は、3階の展示は主に名古屋港の紹介し、4階の展示は大航海時代の帆船を中心とした海・船の歴史を紹介しています。平成30年度は「遥かなる海を越えて ~帆船時代の大冒険~」と題した特別展を、同博物館4階にて開催するものです。スパイスや装飾品等、各時代の文化的背景や、各地域の交易品、さまざまな帆船模型、コロンブスやマゼラン等航海史上欠かせない人物や海賊等、現在の常設展示では紹介されていない部分を追加するような形で展示を行います。

開催期間  平成30年7月14日(土)~同年9月2日(日)
開催場所  名古屋港ポートビル 4階 海を通じた交易コーナー
入 場 料  名古屋海洋博物館の入場料が必要となります。(大人・高校生 300円、小中学生 200円)
展示内容  風の力で船を動かしていた帆船時代、海を越えての探検や貿易は当時の船乗りたちにとって命懸けでした。その各時代の文化的背景や、各地域の交易品、さまざまな帆船模型、航海史上活躍した人物等にスポットを当て、古代から現代に至るまでの海事史を紹介します。
(1)地理的発見の時代と大航海時代の到来
  マルコポーロが「東方見聞録」を記すと、東洋のことが西洋に伝わり、各国が関心を持ち始めます。プトレマイオスの地図に東方が追加で書き加えられ、西回りでアジアを目指す者が現れました。
(2)帆船時代の冒険者たち
  コロンブスやマゼラン等、航海史上欠かせない人物を紹介します。
(3)古代の帆船時代
古代地中海の船や輸送方法などを紹介。アンフォラを使い、ワインやオリーブオイル等を運びました。
(4)帆船時代の交易品
  スパイスや装飾品等、各時代と地域の交易品を紹介します。

(5)帆船・Q&Aコーナー
  帆船や観測器具等を紹介。またタッチパネルPCの帆船時代のQ&Aコーナーを設置します。
(6)海賊と海戦
  帆船の時代は、海賊行為や領地争いのための戦いが多く行われました。

主  催  (公財)名古屋みなと振興財団 名古屋海洋博物館
後  援  名古屋港管理組合 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会

地図製作者オルテリウスが作成した韃靼図(東アジア図) 1570年頃作製(実物)
地図製作者オルテリウスが作成した韃靼図
(東アジア図) 1570年頃作製(実物)
「コロンブス」が乗船した  「サンタマリア号」の帆船模型
「コロンブス」が乗船した
  「サンタマリア号」の帆船模型
交易品  サンゴ細工
交易品  サンゴ細工
交易品  スパイス
交易品  スパイス

ホームへ先頭へ前へ戻る