2019/07/09

伊勢湾台風60年企画展「古地図から学ぶ尾張の歴史~名古屋港から防災を考える~」と関連イベントを開催します

2019.7.9

令和元年は、名古屋海洋博物館開館35周年になるとともに、この地域で大きな被害を及ぼした伊勢湾台風から60年という節目でもあることから、防災に焦点をあてた企画展「古地図から学ぶ尾張の歴史~名古屋港から防災を考える~」と関連イベントを以下のとおり開催します。

企画展「古地図から学ぶ尾張の歴史 ~名古屋港から防災を考える~」

開催期間
令和元年7月20日(土)~同年9月29日(日)
開催場所
名古屋港ポートビル3階 名古屋海洋博物館
入場料
名古屋海洋博物館の入場料が必要となります。
(大人・高校生 300円、小・中学生 200円)
開催内容
古地図や歴史資料を用いて、災害という観点でこの地域の特性を読み解きます。また、映像で伊勢湾台風を振り返るとともに、わかりやすく災害に備えるための情報もお知らせします
来場記念
各日先着100名様に記念品(オリジナルグッズ)をプレゼントします。
主催
(公財)名古屋みなと振興財団
後援
名古屋港管理組合、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会
協力名古屋大学工学研究科土木工学専攻

関連イベント

(1)「伊勢湾台風と港まち。かわら版新聞づくりツアー」

開催日時
令和元年7月27日(土)13:00~16:00
開催場所
名古屋港ポートビル3階 名古屋海洋博物館~港区築地界隈
参加費
無料(但し、別途名古屋海洋博物館の入場料が必要となります。)
大人・高校生300円、小・中学生 200円
募集定員
先着20名程度
開催内容
博物館見学後、港まちならではの風景や伊勢湾台風の記憶をたどるツアーを開催します。
ツアーを通して知ったことを参加者が記事にまとめ、「ポットラック新聞かわら版特別号」を作成します。できあがった新聞はお持ち帰りいただけます。
参加申込
事前申し込みが必要です。
港まちづくり協議会HPよりお申し込みください。
http://www.minnatomachi.jp/event/tsukuru/367
主催
(公財)名古屋みなと振興財団、港まちづくり協議会

(2)地震体験車「なまず号」がやってくる!

開催日時
令和元年8月14日(水)
10:00~12:00、13:00~16:00
開催場所
名古屋港ガーデンふ頭3号岸壁
参加費
無料
開催内容
地震に備える知識等を習得することを目的とした地震体験車で地震を疑似体験していただきます。
主催
名古屋港管理組合

(3)防災の講演会と「アニメ伊勢湾台風物語」上映会

開催日時
令和元年9月29日(日)13:30~15:30
開催場所
名古屋港ポートビル4階 講堂
募集定員
先着50名
入場料
無料
開催内容
消防署員による防災の講演とアニメ映画上映の他、伊勢湾台風当時の写真パネルの展示も行います。
主催
(公財)名古屋みなと振興財団、愛知中小企業家同友会
協力
名古屋市港防災センター

ホームへ先頭へ前へ戻る